Sali Imahigashi本文へジャンプ 
       


Diary

2006年9月
子供達

イベントのMCをしてきました。
参加者は子供達で、プロのパーカッショニストをお迎えして、
一緒に楽器を作って、それを演奏しようという企画でした。

最近は、MCでは国際会議等固めの仕事が多く、
子供達が参加者というイベントは久しぶりだったのですが、
ものすごく楽しかったです。
子供達の笑顔が可愛くて、
楽しそうに作業したり演奏したりする様子を見ていたら、
なんだかとっても嬉しくなってしまいました。

日本の明日を担う子供達。
みんなが安全で、安心して、明るく、伸びやかに毎日を送れますように。
たくさんの笑顔をありがとう!
北陸の旅

お友達と北陸へ行ってきました。

まずは富山で降り、皇祖皇太神宮へ。
ヤブ蚊の大群に一瞬怯みましたが勇気を出してどんどん奥に進み、
お宮の前で参拝しました。
すこし変わった方法で参拝する旨が案内板に記載されているのですが、
参拝している時は蚊が寄ってこなかったのが不思議でした。

次に北陸在住のお友達と合流し、ここからは女のコ三人で、
車で白山比盗_社へ。
とても気持ちのいいところでした。
白山七社のひとつ、金釼宮にも参拝し、
素晴らしいものを頂戴して参りました。
乙釼宮も何とも気になるお宮でした。

そして白山一里野温泉へ。
源泉掛け流しのお風呂は最高に気持ちが良かったです。
霊峰白山のエネルギーを感じてきました。

二日目、もう一度金釼宮と白山比盗_社に行きました。
このあとお友達二人と別れて、二人は白山で行われるお祭へ、
私は一人、
モーゼのお墓があるというモーゼパークを目指して宝達へ向かいました。

かの有名な竹内文書がここにモーゼのお墓があるという根拠なのですが、
真偽の程は別としても、話としてとてもおもしろいと思います。
(こういうの大好き!なんだかワクワクします)

宝達駅前からタクシーに乗りましたが、
運転手さんの心配そうな表情をよそに、
たった一人で入り口から入っていきました。
中へ進むと、パークではなく山だったので、
なぜ心配してくださったのかわかりました。
誰もいませんでした。

中へ入っていくとところどころに案内板があるのですが、
どうやらいくつか案内板を見落としたのか、
行けども行けどもお墓にはたどり着けず、
それどころかどんどん山深くなり、
途中ふと視界の開けたところから、日本海を臨むことができました。

何かヘンだわ、もう戻らなきゃ、と思ったところで引き返しましたが、
山を降りていきやっと民家が見えたときは、助かった、と、
心からほっとしました。(大げさ)
どうやら、いつのまにかパークの外へ出てしまったようです。

結局お墓には辿り着けませんでしたが、
9月にしてはとてもとても暑い日で、
戻ってお墓を探そうという気は全く起こらず、
それよりもこんな遠くまできてこんなことをしている自分が可笑しくて、
しかも怖がりの私が一人であんな奥まで行けたんだというのが嬉しくて、
何だか、ものすごくいい気分でした・・・!
(ヘンな私)

タクシー会社に電話して何とか迎えにきてもらったのですが、
パーク入り口から入って山を降りてどうしてその場にいたのか、
運転手さんも不思議がっていました。

遭難しかかった(?)割には、予定通りの電車に乗ることが出来て、
金沢に戻り、市内を観光しました。
ひがし茶屋街、長町武家屋敷、本当にステキでした!
クリームあんみつのおいしかったこと

楽しい二日間でした。また行きたいな〜
お散歩

暑〜いうちは控えていましたが、
そろそろ、また気持ちのいい季節になってきました。

2,3日前のちょっと曇った日、ふと思い立って明治神宮に行ってきました。
とても気持ちがよかったです。

明治神宮のおみくじは、吉兆を占うものではなく、
指針となるようなことが書いてあるのですが、
この日引いたものも、まさに、
このところ感じていたことに対して
「そう、それでいいんですよ」と確認できるような事が書いてあり、
嬉しくなってしまいました。

うまくできてますね


     
 Awaken the Goddess within you . . .  

Copyright(c) 2005-2007 Sali Imahigashi. All rights reserved.