Sali Imahigashi本文へジャンプ 
       
Diary

2011年2月
春の訪れ

昨日、横浜で昼過ぎに用件が終わったので
ちょっと足を伸ばして鎌倉に寄ってきました。

今日みたいに春一番で暖かい天候なら良かったんですが
昨日は雨が降っていてちょっと残念。

しかし、雨なんか吹き飛んじゃうような光景が!(ちょっと大げさ)

早咲き桜
満月

大雨のち強風で夜はほんとに寒かった今日、
ナレーションの帰りにふと見上げた空に
青く輝くお月さん。
一瞬寒さを忘れました。
何となく日本蕎麦みたい

後楽園にあるラーメン屋さん 「魚雷」

超おいしかったです全メニュー制覇したい!
一色正春・元海上保安官 記者会見 


左:一色元保安官 右:記者会見のモデレーター


本日2/14
日本外国特派員協会で行われた記者会見に
参加させて頂きました。

記者会見のMCは何度か経験がありますが
参加者として行くのはこれが初めてでした。

記録を取りながら聞きましたが
新聞社のサイトに詳報がありますので全ては書かず
ここでは大変印象に残ったところを抜き出してみます。

********************************

日本には自らを多く語らないのを美徳とする文化がある。
それにより(外交という点で)多くの失敗を経験している。

自国のニュースも海外のメディアを通して知ろうとする人が増えている。
どこが本当の報道をしているか、情報を取捨選択している。
皆気付き始めている。
日本人が今求めているのは真実の報道。
なぜビデオが公開されなかったのか
日本各地のデモなど、なぜ報道されないのか
そうしたことを皆知りたがっている。

********************************


以上です。

あと、私は話し手なので
どうしてもその方の「話し方」に着目してしまうのですが、
今回の話者は
原稿を読んだりせず
時としてジョークを交えながらも
前を見据え落ち着いた口調で
ご自分の言葉で一貫して話されていましたし、
場慣れしていないとなかなか難しい逐次通訳者との連携も上手く
とても印象の良い話し方でした。

(簡単に思えるかもしれませんが
いざ大勢の聴衆の前に立ち
しかもテレビカメラが何台も入った会場で、となると
なかなか難しい事です)




チャンスがあれば一言ご本人に伝えたい事があったんですが
来場していた石原東京都知事が質疑応答で
私を含めた多くの日本人の気持ちを代弁してくれました。

祝 建国記念日

都内でも雪となりました
減量

昨日は
久しぶりに声を掛けてくれたクリエイターさんの案件でナレーション。
おもしろい方で、あっという間に時間が過ぎました。

そのあと待ち合わせした人がお腹ペコペコ状態だったので
つい私も釣られてバイキングレストランに行ってしまいました。

とてもおいしかったです。
さ、また今日からプチダイエットがんばろうっと
今日は銀座


昨日は有楽町でした
このあたりは大好きなので毎日通ってもいいなあ〜

なーんちゃって。
実際毎日同じ場所に通うとなると
とたんに元気がなくなっちゃうんですけど。
へんな性質だけど本当にそうなんですもん、しょうがありません。

20代前半で
「私は毎日同じところに通う仕事は絶対向かない」事に気がつきました(笑)

もう少し私が真面目な人だったら
「こんな事ではいけない」と自分を合わせようと頑張ったと思うけど
「ダメなものはダメ」とあっさり諦めちゃいました。

ただ、仕事自体を諦めようとは思わなかったんですよね・・・
諦めるも何も、仕事をしないって選択肢は考えもしなかったです。

こんな私にも合う仕事の形だって絶対あるはず、と思い
いろいろ模索し
失敗もたくさんして
現在に至ります・・・

これでよかったのかどうかわかりませんが
「仕事大好き、ありがたいな〜」って思える日々を過ごせているので
私には今の仕事とフリーランスという形がとても合っていたみたいです。

安定しませんけどね(笑)
本日の頂き物


京都嵐山 鶴屋寿さんのさ久ら餅

お皿に盛り付けて写真を撮ったほうがいいかしら・・・と気が付いた時には
もう食べちゃってました(笑)
とても美味しかったです
ミニカー

先日、東京駅オアゾの本屋さんに行く途中
地下通路のショーケースに展示してあったたくさんのミニカーに
見入ってしまいました。

特に車の模型が大好きなわけではないけれど
どれもキレイでかっこよくて・・・

そういえば子供の頃、父がなぜかミニカーをたくさん買ってくれたんですが
あれは私に、というよりは
父が自分で欲しかったんじゃないかな・・・

なんてことを、ふと思い出してしまいました。

 Awaken the Goddess within you . . .  

Copyright(c) 2005-2011 Sali Imahigashi. All rights reserved.