Sali Imahigashi本文へジャンプ 
       
Diary

2010年4月
GW

ゴールデンウィークが始まりましたね。いかがお過ごしですか?

フリーランスだと
大型連休もあまり実感が持てないんですが
それでも何となくウキウキします(笑)

私は数日前から脳内で流れっぱなしのスタンダード曲があり
今それをしっかりと捉えようとしているところです。

新しい曲を増やそう、と思って学ぼうとしても、あまりうまくいきません。
ところが、ヘンな表現ですが
今回のように
ふとした弾みで曲の方からまとわり付いてくることがあり、
この瞬間がまさに曲を捕まえる=新しい曲を学ぶチャンスのようです。

私の場合は、ですけどネ。

何年も前にSPAIN(チック・コリア)が訪れた時はすごいインパクトでした。
何をしていても忘れられず
曲と「恋に落ちた」という表現がピッタリの状態になりました。

ところで・・・
何万回歌おうと、曲を捕まえきる事はできないみたいです。
ライヴ報告

本日4/27、オクリーズ東京でライヴでした。
出演は、ピアノ中嶋錠二さん、ヴォーカル東久美子さん&私でした。

中嶋さんは、以前も書いた表現ですが
今日もオオカミの群れ(女性陣)の中に放り込まれた羊さん(George)状態(笑)
超うまくて若いイケメンですから、相変わらずモテモテです。

久美子さんとは今日初めてご一緒させて頂きましたが
とってもステキな人!
来て下さったお友達の皆さんも綺麗な方ばかりでビックリ

今日は私の花見友達の成瀬由紀雄さんがご友人数名と来て下さいました!
成瀬さんは翻訳や英語教育等のプロ中のプロで、
彼の主宰するJ.E.Iのサイトのコラムはとても勉強になるので
マメに読ませて頂いてます。

低音の響きが素晴らしい男性シンガーの方が歌ってくださったり、
先日ライヴに遊びに行かせて貰った千景さんが、来て歌ってくれたり、
オクリーさんも風邪だといいながらも相変わらずダイナミックな歌ですし
皆さんの歌を聴くのはやはり楽しいし勉強になります。

歌を続ける事ができるのは皆さんのお陰です。
本日お越し下さった全てのお客様、
Georgeさん、久美子さん、千景さん、オクリーさん、スタッフの皆様、
ありがとうございました
ちょっとお出かけ

夜中でも真っ暗にならない街雨の日の夜の新宿
相変わらずピンボケな写真ですこと・・・

気温の乱高下が続いていますね。

身体の冷えは声を出す人にとって大敵だけど
私はどんなに寒い日の外出もコワくないワ、
白金懐炉があるから(笑)
お茶で一息

celestial decaf sweet coconut thai

桜のあとに雪が降るなんて・・・
そろそろ本格的に春らしい陽気になってくれるといいんですが。
この時期にまだ冬物のコートの出番があるなんてビックリです。

寒い時はおいしいお茶で一息つくのが一番!
これは数日前にお店で発見したお茶です。最近出たのかな?

セレッシャルのお茶はどれも好きけど、これ、凄くおいしいです
ディカフ(カフェインが入っていない)なので寝る前でも飲めます。
マフラーと手袋もしていってよかった

4月になると
ちょっと寒いな、と思う日でも
見た目がまるっきり冬物のコートは着るのをためらってしまいがちですが
今日はそんなこと言ってる場合ではなく
しっかりダウンジャケットを着込んで外に出ました。

なんでも30年ぶりの寒さだったとか。
「地球温暖化ウソ八百説」が本当だったらどうしましょう(笑)
ボーリング大会

このところ日によって寒暖の差が激しいですね。
皆様お元気ですか?

「私は気合で風邪を引かないの!」なんて毎年言ってましたが
先月数年ぶりに引いてしまいました。

しかし野口整体の野口晴哉さんの本によると
たまに風邪を引くのは身体のリセットになるので
かえっていいのだとか。

さて、昨日はボーリング大会でした。
暖かい日だとよかったんですが、よりによって2月の寒さの、しかも雨の日。
ま、屋内ですから問題ないんですが。ボーリング場は空いてました。

大会といっても参加者は全部で4人(笑)
スコアは100を越えればバンザイというユル〜い大会です。

昨日は一番具合の悪い?人がトップスコアでした。
さては、持病があるというのはウソで、皆を油断させようとしているのでは・・・

参加メンバーで一番若い私がまたビリでした。はぁ〜

それでも、皆で大笑いして、楽しいひと時でした。
みんな凄い博識で其々の分野でのプロ中のプロなので
話がホントおもしろくて勉強になります。
また桜

一年中咲いててくれればなあ・・・
今日も桜の下で・・・
超お気に入り アクティブマグ 安心の日本製!
持って行った珈琲を飲みながらボーっとしてきました
こんな状況下で携帯プレーヤーで聴くjazzは最高!
あ、いつか公園でライヴしたいな〜
夜桜

いつもお世話になっている方が花見の会を企画していると聞いて
千鳥が淵そぞろ歩きに参加させてもらいました。

夜はまだ冷えますね。厚着していって正解でした。

ライトアップは数日前に終わってしまったそうですが
それでも、とても綺麗でした。
本当においしかった・・・花が散っても千鳥が淵に行けば屋台は来てるのかな?
ケータイカメラでフラッシュがないので写りませんでしたが
激ウマ焼きイモの向こうは見事な桜
ライヴ報告追記

来てくれたボーリング仲間の一人が
ブログに写真つきで記事を載せてくれました。ありがとう

この方は映像と音声のプロで
いつかこの方に歌を録音してもらえたら最高だな、と思っています

あ、載せてくれた写真に譜面台が出てるのがある!キャ〜
千景さんとデュエットした一曲だけ、ちょこっと譜面見たんです。
普段はぜったい見ないもん!(笑)

以上言い訳でした。きゃはは〜
ライヴ報告

本日4/7、赤坂Keiでライヴでした。
共演は
千景さんvocal、杉山美樹さんpiano、小川誠さんbassでした。
2nd setから
小川さんのお友達でdrumsの川村成史(しげひと)さんが
飛び入りで参加してくださって超ラッキーでした!


赤坂Keiさんは7〜8年前に一度出演させて頂いたことがあって、
その後ケイさんに次のブッキングのお電話を貰った時
都合が付かず
結局それきりになってしまっていたんですが、
今回、千景さんがお声をかけてくれたお陰で
また縁を繋ぐことができました!千景さんありがとう
千景さんの歌大好き!いろいろ勉強になりました。

今日はミュージシャンがみんな凄かった・・・
小川誠さんのベース最高!!

皆さんと初共演だったんですが
ピアノの美樹さんには何故かお会いした事があるような気がしたんです。
もしや前世でご縁が?(笑)なんて思ったけど
そういえばどこかのセッションに参加した時
ハウスバンドで弾いていらした方でした。
すごく歌いやすくしてくださる、というか、
「あ〜サポートされてる!」って感じました

川村さんのドラム、かっこよかった〜!
ドラムでそんな表現ができるんだ、凄いって思いました(笑)

いつもながらシロウトな説明で申し訳ないんですが
私の素直な感想でした(笑)

来てくれたボーリング仲間達、みんなありがとう
オフで会うと馴れ馴れしい口を聞いてしまうけど
仕事でご一緒する時は(最近ないけど)
気を引き締めびしっと敬語で接しないとばちがあたる程の
業界の大先輩の皆様です。ね

そして千景さんのお客様、お店とケイさんのファンのお客様が
今日はたくさん来て下さいました。ありがとうございます!
vocalで大学准教授の野口桂子さんが来て下さったのも嬉しかったです

歌を続ける事ができるのは、皆様のお陰です。
本日お越し下さったすべてのお客さま、
千景さん、小川さん、美樹さん、川村さん、ケイさん、スタッフの皆様、
本当にありがとうございました。
やっとお花見


日差しも暖かく桜吹雪の中をゆっくり歩いてきました
桜のじゅうたんの上を歩くのは、嬉しいような、申し訳ないような・・・

ところで明日7日は赤坂keiさんでライヴです!
皆様のお越しをお待ちしております。
まだお花見できてない

なんとなく周りの空気が変わったような気がしたイースターを過ぎ
そろそろ桜の下で珈琲片手にボーっとしたいなあ、と思っています。
寒い日が続くと桜の花が長持ちするんだとか?
あす4/6は暖かい日になるようです。

小田原城をバックに見事に咲き誇る桜を見て
外国人の旅行者の団体さんが
ビューティフルを連発するのを目の当たりにした事があります(笑)

あの時はなんだか凄く嬉しかったな〜。
4/2 国際こどもの本の日

こんな日があったなんて、今年初めて知りました。
もっとも、一年365日が何らかの日になっているみたいですね。

大好きな絵本

(画像はamazonからお借りしました)
読むと温泉に行きたくなります


(画像はamazonからお借りしました)


マンガの賞の受賞作ということで話題になっていたので
読んでみました。ものすごく面白かったです!



おフロに入る前と後では、気分がガラッと変わったりすること、ありませんか?

おフロに入る前は気になっていた考え事が
出た後では
「ま、いっか」って気分になって気持ちが軽くなっていたり。

湯船の中でぼーっとしている時に
ふといい考えがひらめいたりすることもありますし。

身体をよく温めることで体調も整ったりするし、
入浴っていろいろリセットしてくれるのかしら。

あ、シャワーonlyで済ますとリセット機能は働かないような気がします(笑)

 Awaken the Goddess within you . . .  

Copyright(c) 2005-2009 Sali Imahigashi. All rights reserved.